ピンクゼリーの効果と成功率をあげる方法!

女の子を授かる仕組み

子供は授かりものであっても、出来れば女の子が欲しい。そう考える人は少なくありません。性別は精子が卵子に入った瞬間に決まるものであり、基本的にはランダムであると考えられています。ですが、この精子の状態によっては女の子を授かりやすいということも昨今では多くなっており、産み分けなどを希望する夫婦に大きな話題になっています。女の子を授かりやすい精子はX精子とよばれ、男性型になるY精子より数が少ないとされています。ですが、Y精子にあたる男性型の精子は膣内での酸性成分によって数が減ってしまうこともあり、X精子が生き残る可能性が高くなるという話もあります。女の子をさずかるにはこのX精子をできるだけ多くなるようにすることが大事になってきます。精子の質を変えることはなかなか難しいので、この場合はいかにしてY精子を少なくし、卵子にX精子が到達しやすくなるかを考えていくことが女の子を授かりやすい条件と考えてもいいでしょう。

女の子を授かるコツ(排卵日計算)

産み分けにとって排卵日は非常に大事になります。女性の膣内は基本的に酸性になっていますが、この酸性値が最も弱くなるのが排卵日なのでY精子が活発に動けるようになり、排卵日のセックスは男の子を授かりやすい状態と考えてもいいでしょう。X精子はY精子よりも膣内で生き残る時間が長く、排卵日から少しずらした状態でのセックスでも十分に排卵日に卵子にたどり着くことが可能とも考えられます。通常の酸性値であればY精子の生存率が一気に下がるので、女の子を授かりやすい条件としてはこの排卵日の膣内の酸性値の計算も非常に大事になります。逆に、男の子を授かりたい時は排卵日でもっとも酸性値が低い状態でのセックスが望ましいといってもいいでしょう。X精子はY精子よりも動きが遅い分、酸性につよく寿命も長いという特徴を持っています。排卵日を少し外してのセックスなどを考慮していくことでよりX精子が生き残りやすくなり、女の子を授かりやすくなります。

 女の子を授かるコツ(夫婦生活について)

女性が性的快感を感じる際には、アルカリ性の子宮頚管粘液が出やすくなります。これは膣内の酸性度を中和していくことになり、Y精子を生き残りやすくしてしまい男の子が生まれやすくなるという状態になります。女性の満足度を優先すれば男の子が生まれやすくなります。また、男性器をできるだけ深く挿入すると精子の移動距離などが短くなり、膣内の酸性でY精子の死亡する率が低くなります。女性にとっては少し不満の残るセックスになるかもしれませんが、女の子を授かるには子宮口の手前までの挿入などでY精子の移動距離などを長くし、X精子を生き残りやすくすることが大事になります。ですが、セックスは夫婦やパートナーとの大切な行為です。女の子をどうしても授かりたい場合などは体がこのようになるという子を互いに理解してからのほうが心身ともに傷つかずに済むといってもいいでしょう。女の子を授かるために排卵日周辺で一度話し合うことも大事です。

女の子を授かるために意識したい食生活

女の子を授かるために意識したい食生活としてはサプリメントなどで葉酸を摂取することが大事になります。これは男性にしたいしても同じですが夫婦で葉酸をしっかりと摂取することで母体自体が妊娠しやすい状態を作り、流産などを防ぎやすくなります。女の子を授かっても悲しい結果何ってしまったということを防ぐためにも葉酸は産後の授乳期が終わるまでしっかりと摂取しておきたい成分です。また、ザクロエキスなども同じであり体質改善はもちろんですが女性ホルモンを促しやすくなるので女の子を授かりやすくなるといわれています。食事でカバーできない成分はサプリメントで補っていくことでより、女の子を授かる確率が高くなります。また、できるだけ体を冷やす食材や辛すぎるものは控えるようにし、塩分なども少なめにするといいでしょう。ビタミンなど不足しがちなときはスムージーなどを利用し、野菜不足も一緒に解消していくことがおすすめになります。

女の子を授かるゼリーについて

女の子を授かりやすくするには膣内の酸性度を高くすることが効果的です。だからといって食用酢などで膣内を洗浄すればいいというわけではありません。膣内の酸性度を上げやすくするゼリーなどは産婦人科で処方してもらうことができます。妊娠前に一度産婦人科などに相談するといいでしょう。インターネット通販などでも販売されていることがありますが、どの様な物なのかがわからないものであったり製造年月日などもわからないものや保存状態などもはっきりとしないものであり、購入後の使用はあくまで「自己責任」になります。産婦人科などでは産み分けの相談も非常に多く、出来るだけ希望に沿った妊娠をという方針のクリニックも多いので、妊娠の計画の際には葉酸の商法などもかねて一度相談し、女の子をさずかりやすくなるゼリーを処方してもらいなども考えておきましょう。受精は1度なのでその1度の可能性をできるだけ高くするためには酸性ゼリーは心強いアイテムといえます。